メンズ

経理のプロを目指したい人は会計事務所の求人に応募しよう!

語学力生かせる輸出入事務

セミナー

輸出入を支える重要な役目

時代とともに国際交流が活発になって外国人と接触する機会も多くなった現在では、英語教育の開始年齡も小学校にまで引き下げられるようになりました。英語を得意科目とする人も増えており、就職に当たっては語学力を生かせるような職業を選択したいという学生も少なくありません。翻訳業や通訳以外にも一般企業の海外営業担当や外資系企業・旅行代理店・ホテル業界など、語学力を活用できる職種への転職を考えている人は多いものです。そうした中でも外国との間で商品の輸出や輸入に関わるさまざまな交渉や手続きを行う貿易事務は、特に女性の間で人気が高い職業です。商品のメーカーはもちろん商社や貨物輸送会社・倉庫会社などの企業がこうした貿易業務を行っており、金融・保険機関や公的機関も輸出入に関わっています。いずれの貿易業務にも多くの煩雑な事務手続きが発生するため専門性が高く、人材に対する需要も高くなっているのです。貿易の最前線に立って随時海外との交渉を行う業務の遂行には、当然のことながら英語などの語学力が欠かせません。語学スキルが最大限に活用できる仕事として、貿易事務は英語の得意な人の間でも特に人気を集めている職業なのです。

未経験でもスキル取得可能

このような貿易事務にも商社や貨物運送会社・倉庫会社・金融機関といった業界ごとに業務内容が異なり、求められるスキルも変わってきます。オフィスソフトなどを使った関連書類作成業務はほとんどの業種に共通していますが、海外交渉・調整折衝に重点を置いた職種や通関業務を行う職種もあります。語学力に加えて高いコミュニケーション能力や迅速な判断力・事務処理能力が問われてくるため、経験者ほど採用に有利となっているのです。このような業界では採用する企業の側でも即戦力を求める傾向が強くなっていますが、未経験者でも貿易セミナーを受講して必要なスキルを取得することは可能です。商社のOBや国際物流のプロを講師に招いて実施されるセミナーでは、貿易関連会社への就職を目指す人や転職を考えている人が多く学んでいます。そうした会社で求められる知識や業務ノウハウをセミナーで事前に身につけておけば、就職の際にも有利になってくるのです。インターネットの普及によって海外商品の輸入額が増大しており、日本製品の海外輸出も活発に行われています。貿易セミナーを受講して専門知識を取得した人たちが、これからの海外物流を力強く支えていくのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加